理工学基盤部門,高江洲 俊光

高江洲 俊光

准教授

TAKAESU toshimitsu

理工学基盤部門

研究KEYWORD

数理物理学

研究分野 (科研費細目)

解析学基礎

主要な研究内容

相互作用する相対論的場の量子論の系のスペクトル解析・散乱理論を現代数学の手法を用いた構成的アプローチによって研究を行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

ヒルベルト空間論、スペクトル解析・散乱理論、相対論的場の量子論の構成的アプローチ

主要な所属学会

日本数学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Ground States of Quantum Electrodynamics with Cutoffs (切断が加わった量子電磁力学の基底状態) Journal of Mathematical Physics 59 (2018) 072301 (32pages)
  • Scaling limits with a removal of ultraviolet cutoffs for semi-relativistic particles system coupled to a scalar Bose field.(準相対論的な粒子とスカラー場が結合した系の紫外切断を外すスケーリング極限) Journal of Mathematical Analysis and Applications 477 (2019) 657-669.