分子科学部門,浅野 素子

浅野 素子

教授

ASANO motoko

分子科学部門

研究KEYWORD

光励起状態,金属錯体,π電子化合物,スピン,電荷分離,長距離相互作用、光誘起電子移動,エネルギー移動,可視光利用,光合成,光エネルギー変換

研究分野 (科研費細目)

無機化学,物理化学

主要な研究内容

金属錯体やπ電子系化合物、またそれらの連結系分子における光物理化学を専門としています。光合成などの生体系の光ダイナミクスの理解や光エネルギー変換のための複合分子系の設計を目指しています。実際には時間分解分光測定と共に分子の設計・合成を行っています。例えば、Cu(I)を用いた錯体では、光励起により可視部の電荷移動励起状態から発光し光エネルギー変換材料素子として有望ですが、励起状態で分子の変形が起こりやすくやや不安定です。そこで、どのようにしたら、発光寿命が延び安定な光励起状態が得られるかを、分光学的測定に基づいて研究しています。また、近赤外発光における発光の長寿命化に着目した研究を行っています。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

2次元時間分解蛍光測定と解析(発光寿命、時間分解蛍光スペクトル)、電子スピン共鳴(ESR)測定(ラジカル検出)

主要な所属学会

日本化学会,光化学協会,錯体化学会,電子スピンサイエンス学会,分子科学会,アメリカ化学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • “”Visualization of Nonemissive Triplet Species of Zn(II) Porphyrins through Cu(II) Porphyrin Emission via the Reservoir Mechanism in a Porphyrin MacroringI”,(ポルフィリンマクロリングにおけるリザーバー機構による非発光性励起種の可視化), Photochem. Photobiol. Sci., 17, 883-888 (2018). [10.1039/C8PP00210J]
  • “Interaction between the End Group and the Main Chain of Conjugated Polymers by Time-resolved EPR and Fluorescence Spectroscopy”,(時間分解ESRと時間分解蛍光による共役ポリマーにおける末端置換基と主鎖との相互作用), Mol.Phys. (2018) [https://doi.org/10.1080/00268976.2018.1510140]
  • “Effects of End-Groups on Photophysical Properties of Poly(9,9di‑n‑octylfluorene-2,7-vinylene)s Linked with Metalloporphyrins: Synthesis and Time-Resolved Fluorescence Spectroscopy”,(金属ポルフィリンと連結したポリフルオレンビニレン共役ポリマーにおける末端置換基の効果:合成と時間分解けい光), Macromolecules 50 (17),1803-1814(2017)[10.1021/acs.macromol.7b00047]