分子科学部門,畠山 義清

畠山 義清

助授

HATAKEYAMA yoshikiyo

分子科学部門

研究KEYWORD

空気電池,キャパシタ,金属ナノ粒子,イオン液体,多孔質炭素材料, X線吸収分光,小角X線散乱,超臨界乾燥

研究分野 (科研費細目)

物理化学

主要な研究内容

様々なナノ粒子を調製し、エネルギーデバイスにおける機能を研究しています。特にキャパシタや空気電池といった電気化学デバイスにおけるナノ粒子の利用に関するテーマに取り組んでいます。研究室ではオリジナルの炭素材料や改質法が研究されてきているため、これらを生かし電極の構造や表面組成についても基礎的な研究を行っています。ナノ粒子と炭素材料を組み合わせた材料も調製し、電気化学測定や各種構造解析による特性評価を行っています。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

  • 時間分解測定(小角X線散乱、X線吸収分光)
  • 金属ナノ粒子、合金ナノ粒子、ナノ粒子担持体調製
  • 多孔体の細孔構造解析

主要な所属学会

日本化学会,炭素材料学会,分子科学会,日本表面科学会,イオン液体研究会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Growth Behavior of Gold Nanorods Synthesized by the Seed-mediated Method: Tracking of Reaction Progress by Time-resolved X-ray Absorption Near-edge Structure, Small-angle X-ray Scattering, and Ultraviolet-visible Spectroscopy(シード法によって合成される金ナノロッドの成長挙動: 時間分解X線吸収端近傍構造・小角X線散乱・紫外可視吸収分光による追跡), J. Phys. Chem. C, 122, 7982–7991 (2018).
  • 水素貯蔵剤および水素の貯蔵・放出方法, 特願2017-90770, 出願日 平成29年4月28日.
  • Anion and Cation Effects on Size Control of Au Nanoparticles Prepared by Sputter Deposition in Imidazolium-based Ionic Liquids(スパッタ法によってイミダゾリウム系イオン液体中に調製される金ナノ粒子のサイズ制御におけるアニオンとカチオンの影響), Phys. Chem. Chem. Phys., 18, 2339–2349 (2016).