分子科学部門,堀内 宏明

堀内 宏明

准教授

HORIUCHI hiroaki

分子科学部門

研究KEYWORD

光機能性物質,有機ケイ素化合物,一重項酸素,光増感剤,光線力学療法,光化学,がん治療,光線力学療法,ポルフィリン,蛍光

研究分野 (科研費細目)

複合化学 機能物性化学 光物性 生体関連化学

主要な研究内容

光化学的な基礎研究および応用を志向した光機能物質の開発を行っている。主に有機化合物の光化学反応“で”現象を制御することや光化学反応“を”制御することを研究している。主な応用先はがんの光線力学療法に用いる一重項酸素の光増感剤である。光線力学療法では、光増感剤の光励起によって発生する一重項酸素によりガン細胞を死滅させる。我々は光化学的なアプローチによって光増感剤を改良し、治療効果の向上や、副作用の低減を行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

光化学に関係する技術,一重項酸素の高感度測定技術
光線力学療法に用いる光増感剤の開発
ポルフィリン類の光化学

主要な所属学会

日本化学会 光化学協会 日本光線力学学会 日本光医学・光生物学会 ケイ素化学協会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Photophysical features of naphthols having esters, formyl and acetyl groups and the difluoroboronated complex in solution and the solid state (エステル、アルデヒド、アセチル基を有するナフトールとそのジフロロボロン錯体の溶液および固体中の発光特性の研究), J. Photochem. Photobiol. A:Chem., 2018,360, 204-209.
  • Synthesis of isomeric coumarin-fluorene hybrids by photocyclization and the photophysical features(クマリンーフルオレノンのハイブリッド化された異性体の光縮環法による作製とその光物性の研究), Tetrahedron Let., 2018, 59, 1216-1219.
  • Blue fluorescence from BF2 complexes of N,O-benzamide ligands: Synthesis, structure, and photophysical properties(N,O-ベンズアミド配位子を持つBF2錯体からの青色発光:合成方法、結晶構造、光物理特性の研究), Inorg. Chem., 2017, 56, 12514-12519.