分子科学部門,松尾 一郎

松尾 一郎

教授

MATSUO ichiro

分子科学部門

研究KEYWORD

糖鎖,オリゴ糖,糖ペプチド,糖アミノ酸,糖脂質,化学合成,相互作用解析,糖鎖分子プローブ合成,酵素阻害剤合成,糖質関連酵素

研究分野 (科研費細目)

応用分子細胞生物学,生物有機化学, ケミカルバイオロジー,生体関連化学

主要な研究内容

第3の生命情報鎖として注目されている糖鎖を化学の立場から研究している。糖鎖の機能解明に必要な糖鎖分子プローブの設計および合成,糖質関連酵素阻害剤の合成,生理活性糖脂質の化学修飾,糖鎖修飾材料の開発を行っている。新規糖質関連タンパク質(レクチンや酵素)の探索や解析,糖質関連酵素阻害剤の探索,カロリーメーター,核磁気共鳴機器を用いた糖鎖認識タンパク質と糖鎖との相互作用解析を通して糖鎖の持つ情報を定量的に読み取り,創薬研究や新規高機能生体材料開発へと展開すべく研究を行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

糖質関連化合物の化学合成,糖鎖分子プローブの合成,オリゴ糖の酵素合成,酵素阻害剤設計,糖質関連酵素の解析,糖質関連化合物の構造解析,NMR, 質量分析

主要な所属学会

日本農芸化学会,日本糖質学会,日本化学会,日本ケミカルバイオロジー学会,日本生化学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Fluorescence quenching-based assay for measuring Golgi endo-α-mannosidase(FRET消光プローブを用いたエンドマンノシダーゼの活性検出) Chem. Asian J., doi.org/10.1002/asia.201900240 (2019).
  • Preference for Glucose over Inositol Headgroup during Lysolipid Activation of G Protein-Coupled Receptor 55(GPR55内在性リガンドの基質特異性解析)ACS Chem. Neurosci., 10(1):716-727 (2019).
  • A New Fluorogenic Probe for the Detection of Endo-β-N-acetylglucosaminidase(ENGase活性検出系の開発と酵素阻害剤の探索研究) ChemBioChem, 19(7):660-663 (2018).