分子科学部門,海野 雅史

海野 雅史

教授

UNNO masafumi

分子科学部門

研究KEYWORD

シロキサン,シリコーン,高機能材料,耐熱性材料,ケイ素化学,機能性材料化学

研究分野 (科研費細目)

機能材料化学,有機化学

主要な研究内容

ケイ素と酸素を含む化合物を選択的に合成する基礎反応の開拓の他,低誘電率材料,高耐熱性材料として有望な構造規制シルセスキオキサンの合成を中心に研究を行っている。最近ではヤヌスキューブ、ランタンキューブなど、様々な大きさを有するカゴ型シロキサン、さらには反応性置換基を有するはしご型のラダーシロキサンなどの合成を中心に研究を行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

シロキサン、シリコーンの合成,シランカップリング剤合成,ケイ素化合物の構造解析

主要な所属学会

日本化学会,ケイ素化学協会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Synthesis of Double-Decker Silsesquioxanes from Substituted Difluorosilane (反応性ダブルデッカーシロキサンの新規合成), Organometallics, 38, 743-747 (2019).
  • Synthesis, Structures, and Thermal Properties of Symmetric and Janus “Lantern Cage” Siloxanes, (ランタンケイジの合成、構造と物性), Chem. Eur. J., 25, 1683 –1686 (2019). (カバーピクチャー採択)
  • Synthesis, Characterization, and Functionalization of Tetrafunctional Double-Decker Siloxanes (反応性ダブルデッカーシロキサンの合成、構造と官能基変換), Inorg. Chem., 58, 4093–4098 (2019).