環境創生部門,環境エネルギーコース,原野 安土

原野 安土

准教授

HARANO azuchi

環境創生部門 環境エネルギーコース

研究KEYWORD

微小液滴,大気環境,エアロゾル,化学工学,静電気,プラズマ化学,粉体,不均一化学反応

研究分野 (科研費細目)

プロセス・化学工学 反応工学・プロセスシステム

主要な研究内容

気流中の微小液滴の単位操作および反応操作の確立を目指し研究を行っている。特に微小液滴を静電場で浮遊させ,極度な過飽和状態での結晶化過程および反応過程の特性を評価している。さらに,静電場を用いて微小液滴を自由にハンドリングする技術の開発を行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

化学工学全般,エアロゾル(PM2.5など),大気保全技術,結晶微粒子,放電技術,大気環境

主要な所属学会

化学工学会,エアロゾル学会,粉体工学会,静電気学会,燃焼学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • 新しい反応場としての浮揚微小液滴の可能性,エアロゾル研究, 33(4), 248-252(2018)
  • 単一浮遊微小液滴から生成する結晶形態のその場観察, 粉体工学会誌, 54(7), 448-453 (2017)
  • 電気力学天秤を用いた浮遊微小液滴の結晶化過程の観察, エアロゾル研究, 32(1), 14-19 (2017)