環境創生部門,環境エネルギーコース,石飛 宏和

石飛 宏和

助教

ISHITOBI hirokazu

環境創生部門 環境エネルギーコース

研究KEYWORD

レドックスフロー電池,燃料電池,電極構造,電極触媒,反応工学,エネルギー

研究分野 (科研費細目)

反応工学・プロセスシステム, エネルギー学

主要な研究内容

「バナジウムレドックスフロー電池」と「エタノールを直接に用いる固体高分子形燃料電池」を対象として,電極構造の適切な設計による電池の高効率化を目的として研究している.反応・輸送現象の高速化を実現する多孔電極の設計による電圧降下(熱損失)の低減を目指している.エタノール燃料電池については,エタノールから二酸化炭素への完全酸化を目指し,機能を分担させた複合触媒の開発を行っている.

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

  • レドックスフロー電池の材料もしくは電池構造の評価
  • 燃料電池の材料もしくは電池構造の評価
  • 新規電極触媒の電気化学反応に関する初期診断

主要な所属学会

化学工学会,電気化学会,The Electrochemical Society(米国電気化学会)

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Visualized cell characteristics by a two-dimensional model of vanadium redox flow battery with interdigitated channel and thin active electrode(薄型活性電極および櫛形流路を用いたバナジウムレドックスフロー電池の電池内反応・輸送現象の二次元での可視化), Electrochimica Acta, doi: 10.1016/j.electacta.2019.04.055 (2019)
  • Maximized specific activity for the methanol electrooxidation by the optimized PtRu-TiO2-carbon nano-composite structure(PtRu-TiO2-カーボン間のナノ構造を最適化した触媒によるメタノール酸化反応の比活性促進),International Journal of Hydrogen Energy,doi: 10.1016/j.ijhydene.2018.03.108 (2018)
  • Anode catalyst with enhanced ethanol electrooxidation activity by effective interaction between Pt-Sn-SiO2 for a direct ethanol fuel cell(Pt-Sn-SiO2間の相互作用による直接エタノール燃料電池用の高活性なアノード触媒の開発), International Journal of Hydrogen Energy, 42 (2017) 26897–26904