環境創生部門,環境エネルギーコース,板橋 英之

板橋 英之

教授

ITABASHI hideyuki

環境創生部門 環境エネルギーコース

研究KEYWORD

重金属,有害有機物質,環境浄化,分析,土壌,廃水

研究分野 (科研費細目)

環境影響評価,環境技術・環境負荷低減,分析化学

主要な研究内容

環境(水・土壌)中の重金属元素(銅,カドミウム,鉛など)を取り除く方法を開発している。これまで,ウッドチップと炭を原料とした重金属と有害有機物質(ホルムアルデヒドなど)の吸着材,植物溶出成分を配位子に用いた吸着材を開発。また,バーク、リグニン、フミン物質などの天然素材を用いた重金属の除去技術と植物への重金属取込抑制技術を開発している。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

汚染された土壌の浄化,農作物への重金属取り込み抑制,水試料中の重金属元素の自動分析

主要な所属学会

日本化学会,日本分析化学会,日本環境化学会,日本鉄鋼協会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • 重金属分析装置及び重金属の分析方法, 特許第5817372号.
  • Intracellular and In Vivo Oxygen Sensing Using Phosphorescent Ir(III) Complexes with a Modified Acetylacetonato Ligand(イリジウム(III)-修飾アセチルアセトナト錯体のリン光を利用した細胞内酸素センシング), Analytical Chemistry, 87(5) (2015) 2710-2717.
  • (Hot Article: Selected paper) Evaluation of the water treatment ability by silica-doped titanium dioxide-coated glass plates using a cationic coupling reagent based on a flow analytical system(フロー分析システムを用いたケイ素ドープ二酸化チタンガラスプレートの水質浄化性能評価), Analytical Sciences,31(1) (2015) 15 – 21.6.