環境創生部門,環境エネルギーコース,河原 豊

河原 豊

教授

KAWAHARA yutaka

環境創生部門 環境エネルギーコース

研究KEYWORD

未利用資源高分子,環境材料開発,高機能繊維の開発,絹タンパク,ケラチン

研究分野 (科研費細目)

高分子・繊維材料

主要な研究内容

バイオマス科学のうちバイオベースマテリアルとして新素材開発を行う。具体的には、生物材料(絹、ケラチン、綿、植物)の有効利用(ナノファイバー、機能繊維、活性炭)を研究している。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

絹,羽毛,植物繊維などの生物材料の有効利用と商品化,繊維工学全般,食品廃棄物等からの活性炭製造

主要な所属学会

繊維学会,日本シルク学会,日本繊維機械学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Changes in the higher-order structure of silk fibers obtained by forcibly spinning as compared to those obtained by the natural spinning system of the Bombyx mori silkworm (家蚕絹糸の構造形成メカニズム), Journal of Fiber Science and Technology, 75(1), 1-8 (2019)
  • Resinification Behavior of Regenerated Feather Keratin Powder (羽毛ケラチンの樹脂化), Journal of Natural Fibers, 15(5), 707-716 (2018)
  • Multiple Melting Behavior of High-Speed Melt Spun Polylactide Fibers (高速紡糸法で製造したポリ乳酸繊維の溶融挙動), J. Macromol. Sci., Part B, 56:3, 143-160 (2017)