環境創生部門,社会基盤防災コース,窪田 恵一

窪田 恵一

助教

KUBOTA keiichi

環境創生部門 社会基盤防災コース

研究KEYWORD

水環境工学,微生物燃料電池,嫌気性メタン発酵,創・省エネルギー型廃水処理,産業排水,閉鎖性水域,底質改善技術,栄養塩,底層DO

研究分野 (科研費細目)

土木環境システム,環境技術・環境負荷低減

主要な研究内容

微生物を利用した廃水処理技術の開発を行っている。特に微生物燃料電池を用いた発電型廃水処理技術の開発も進めており、装置の低コスト化と発電性能の向上両立を目指している。また、嫌気性微生物による廃水処理技術の高効率化並びに省エネルギー・創エネルギー化に関する研究開発を行うと共にこれらの技術の適用範囲拡大に関する取り組みも行っている。このほか、水環境汚染の進む地域に対して現地での高効率環境浄化を可能とする新規環境改善技術の研究開発も取り組んでいる。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

産業廃水等を対象とした嫌気性微生物や電気産生微生物を用いた省・創エネルギー型の廃水処理技術、堆積物微生物燃料電池を用いた環境改善技術

主要な所属学会

土木学会,日本水環境学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Operation of sediment microbial fuel cells in Tokyo Bay, an extremely eutrophicated coastal sea. (富栄養化が進む東京湾沿岸部における堆積物微生物燃料電池の運用).Bioresource Technology Reports, vol. 6 pp.39-45 (2019)
  • 堆積物微生物燃料電池による底質改善とアノード設置深度の影響 , 水環境学会誌, vol. 40, No.2 pp. 51-57 (2017)
  • Characterization of wastewater treatment by two microbial fuel cells in continuous flow operation. (2台の微生物燃料電池による連続廃水処理特性), Environmental Technology, Vol. 37, Issue 1 pp.114-120 (2015)