環境創生部門,社会基盤防災コース,松本 健作

松本 健作

助教

MATSUMOTO kensaku

環境創生部門 社会基盤防災コース

研究KEYWORD

河川堤防,漏水,水ミチ,地下水探査,井戸,洪水氾濫解析,泥流解析

研究分野 (科研費細目)

河川工学,防災工学

主要な研究内容

河川堤防の安全性診断と維持管理技術の開発・研究を実施している.特に,解明の遅れている浸透性破堤に寄与する堤防基盤漏水を対象として,未だ確率されていない基盤漏水のモニタリング技術の開発を独自の現地観測システムを用いて進めている.また,種々の災害発生(H25伊豆大島土砂災害,H27関東・東北豪雨災害)に際しては調査・研究に従事し,その現象の解明ならびに対策に関する検討を行っている.

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

  • 堤防基盤漏水モニタリングシステム,地下水探査・観測装置,洪水・土石流氾濫解析など
  • 「パイピング現象による土砂ダム決壊前兆現象の抽出および決壊予測法の開発」など

主要な所属学会

土木学会,IAHR,農業農村工学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • A study on aquatic organisms in underflow water using hotspot borehole adjacent to Kiryu River (桐生川近傍におけるホットスポット観測孔を対象とした伏流水中の水生生物に関する研究), Proceedings of 12th International Symposium on Ecohydraulics, 2543889, 2018.
  • 高頻度・高密度観測による堤防近傍伏流水の出水時応答に関する考察, 河川技術論文集, 第24巻, pp.535-540, 2018.
  • 河川伏流水に生息する地下水生生物の生息実態とその環境因子に関する研究, 土木学会論文集, B1(水工学), Vol. 73, No. 4, I_1117-I_1122, 2017.