環境創生部門,社会基盤防災コース,清水 義彦

清水 義彦

教授

SHIMIZU yoshihiko

環境創生部門 社会基盤防災コース

研究KEYWORD

洪水流の特性,植生流れの水理,河道・河床変動の数値解析,水衝部対策,河道内樹林化対策,水防災

研究分野 (科研費細目)

土木工学,水工学

主要な研究内容

洪水に対して安全な川づくりを行うための河道設計について,現地調査とともに,洪水流や河川地形変化(河床変動,河岸侵食)の水理解析と数値シミュレーション,洪水流の抵抗となる河道内樹林の動態予測を通じて検討している.また,氾濫流シミュレーションによる地域の水害リスクの評価と回避の方策など,治水と減災を目的とした研究を行っている。国土交通省,建設コンサルタンツとの共同研究を通じて,主な研究対象フィールドである利根川水系,利根川,渡良瀬川,烏川,神流川(いずれも国土交通省直轄河川区間でのリバーカウンセラーを担当)で有効な河道管理のあり方に関する検討を行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

洪水時の河床変動予測,水衝部対策,河川維持管理,河川生態系の生息環境評価手法,水災害の防災・減災の技術開発などを通じて,主として国土交通省,建設コンサルタンツとの共同研究を実施

主要な所属学会

土木学会,応用生態工学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • 複列砂州の変形による単列蛇行流路の形成と河岸侵食に関する水理実験,土木学会論文集B1(水工学),Vol.74.No.4,I_1117-I_1122(2018).
  • 連続した河岸防護工による砂州性河岸侵食の抑制に関する水理実験,土木学会水工学委員会・河川技術論文集,第23巻,489-494(2017).
  • 砂州の樹林化と河岸条件が単列蛇行流路の形成に及ぼす影響に関する数値実験,土木学会論文集B1(水工学),Vol.72.No.4,I_781-I_786(2016).