環境創生部門,社会基盤防災コース,渡邉 智秀,渡辺 智秀

渡邉 智秀

教授

WATANABE tomohide

環境創生部門 社会基盤防災コース

研究KEYWORD

水処理技術,水環境保全,廃棄物処理,上水道,下水道,生物電気化学システム,資源回収・有効利用技術

研究分野 (科研費細目)

環境技術・環境負荷低減,土木環境システム,持続可能システム

主要な研究内容

新奇な微生物や微生物群集としての機能および物理化学的作用の探索や応用による環境新技術の研究を行っている。具体的には、水処理技術の開発(資源・エネルギー回収型革新的水処理プロセス(微生物燃料電池 等),窒素・りん等栄養塩類除去技術,微量有害化学物質の浄化,特殊産業排水の処理技術 等)/水環境浄化技術(閉鎖性水域の底質改善 等)/固形廃棄物処理・有効利活用技術(湿潤有機性廃棄物の生物学的減量化,バイオマス利活用 等)/活性汚泥モデル(ASMs)を適用した水処理施設の自動制御法 等

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

水処理技術全般,水環境浄化技術,固形廃棄物処理および有効利用技術,上水道,下水道,環境保全技術,生物電気化学システムの環境技術や計測技術への応用

主要な所属学会

日本水環境学会,IWA(国際水協会),化学工学会,土木学会,環境科学会,廃棄物資源循環学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Long-term performance of TN removal and power generation in a MFC using an air-cathode covered with nitrifying biofilm(硝化細菌生物膜に覆われたエアカソードを用いた微生物燃料電における窒素除去と電気的出力の長期性能), Proceedings 3902823 No.185 pp.1-8 (2018)
  • Recent developments in electrochemical technology for water and wastewater treatments(水および廃水処理に対する電気化学的技術の最近の展開), Journal of Water and Environment Technology, 14(2), pp.25-36 (2016)
  • 微生物燃料電池における窒素処理への展開,Electrochemistry, 84(2), pp.99–103 (2016)