電子情報部門,電気電子コース,羽賀 望

羽賀 望

助教

HAGA nozomi

電子情報部門 電気電子コース

研究KEYWORD

アンテナ・電波伝搬,電磁界解析,回路モデリング

研究分野 (科研費細目)

通信・ネットワーク工学

主要な研究内容

電磁界理論を基礎とした高周波受動デバイスの回路モデリングに関する研究を行っており、具体的には下記の対象を扱ってきました。

  • 人体を伝送路とした無線通信チャネル
  • スイッチングコンバータによって生じる伝導ノイズ
  • 無線電力伝送システム

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

  • 電磁界解析(FDTD法,モーメント法)
  • 人体を伝送路とした無線通信
  • 無線電力伝送

主要な所属学会

IEEE,電子情報通信学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Circuit modeling technique for electrically-very-small devices based on Laurent series expansion of self-/mutual impedances(自己・相互インピーダンスのローラン級数展開に基づく電気的超小形デバイスの回路モデリング手法), IEICE Trans. Commun., vol. E101-B, no. 2, pp. 555–563, Feb. 2018. DOI: 10.1587/transcom.2017EBP3196
  • Passive element approximation of equivalent circuits by the impedance expansion method(インピーダンス展開法により得られた等価回路の受動素子近似), IEICE Trans. Commun., vol. E101-B, no. 4, Apr. 2018. DOI: 10.1587/transcom.2017EBP3246
  • Analysis of a wireless power transfer system by the impedance expansion method using Fourier basis functions(インピーダンス展開法とフーリエ基底関数を用いた無線電力伝送システムの解析), IEICE Trans. Commun, vol. E101-B, no. 7, July 2018. DOI: 10.1587/transcom.2017EBP3316