電子情報部門,電気電子コース,小林 春夫

小林 春夫

教授

KOBAYASHI haruo

電子情報部門 電気電子コース

研究KEYWORD

集積回路,アナログ,ミクスド・シグナル,AD変換,信号処理,電子計測,MEMS,電源回路

研究分野 (科研費細目)

電子デバイス・電子機器

主要な研究内容

アナログ集積回路設計,信号処理アルゴリズムの研究開発を行っている。具体的には,波形のサンプリング回路,ナイキスト型AD/DA変換回路,デルタシグマAD/DA変換回路,時間デジタル変換回路, アナログ回路テスト容易化技術,携帯機器用電源回路(チャージポンプ,スイッチングレギュレータ),CMOS オペアンプ回路,基本アナログCMOS回路,複素アナログフィルタ, デジタルRF回路,完全デジタルPLL回路,電子計測技術の研究開発を行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

アナログ集積回路,AD変換器、DA変換器,電子計測技術、電源回路

主要な所属学会

IEEE, 電子情報通信処理学会,電気学会, 応用科学学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Analysis and Design of Operational Amplifier Stability Based on Routh-Hurwitz Stability Criterion(ラウス・フルビッツの安定判別法に基づくオペアンプの安定性解析と設計), 電気学会論文誌(和文誌C), vol. 138, no. 12,pp.1517-1528 (2018年12月)
  • A Distortion Shaping Technique to Equalize Intermodulation Distortion Performance of Interpolating Arbitrary Waveform Generators in Automated Test Equipment(自動試験装置における補間任意波形発生器の相互変調歪性能を等化するための歪成形技術), Journal of Electronic Testing, Springer vol. 34, issue 3, pp.215-232, (June 2018)
  • 擬似白銀比を用いた逐次比較近似AD変換器冗長アルゴリズム設計, 電気学会論文誌(和文誌C), vol. 137 , no. 2, pp.222-228 (2017年2月).