電子情報部門,電気電子コース,三浦 健太

三浦 健太

准教授

MIURA kenta

電子情報部門 電気電子コース

研究KEYWORD

酸化物,薄膜,スパッタリング,太陽電池,発光材料,光触媒

研究分野 (科研費細目)

光工学・光量子科学,電子デバイス・電子機器

主要な研究内容

新規光機能性材料及びデバイスの研究開発を行っている。最近の主な研究テーマは以下の通りである。

  1. 酸化物系新規光電変換素子の作製および透明な太陽電池の実現に向けた基礎研究
  2. スパッタリング法による酸化物系発光材料の作製と応用に関する研究
  3. 金属酸化物薄膜の光触媒への応用を目指した基礎研究

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

スパッタリング法による光デバイス作製技術,サブミクロンスケール周期構造の作製技術

主要な所属学会

電子情報通信学会,応用物理学会,照明学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Yellow light emission from Ta2O5:Er, Eu, Ce thin films deposited using a simple co-sputtering method (簡便な共スパッタリング法で形成されるTa2O5:Er, Eu, Ce薄膜からの黄色発光), Results in Physics 5 (2015) 26.
  • Fabrication and evaluation of green-light emitting Ta2O5:Er, Ce co-sputtered thin films (緑色に発光するTa2O5:Er, Ce共スパッタ薄膜の作製と評価), Results in Physics 5 (2015) 78.
  • Fabrication of periodic microstructures for improving light-extraction efficiencies of light-emitting ZnO/Si devices (ZnO/Si系発光デバイスの光取り出し効率改善のための微細周期構造の作製), Results in Physics 7 (2017) 2965.