電子情報部門,電気電子コース,三輪 空司

三輪 空司

准教授

MIWA takashi

電子情報部門 電気電子コース

研究KEYWORD

地中レーダ,レーダシステム,励磁コイル加振,イメージング,超解像信号処理,非破壊検査

研究分野 (科研費細目)

計測,社会システム工学・安全システム

主要な研究内容

鉄筋を励磁コイルにより加振し、その振動変位を測定することにより、コンクリート構造物内の鉄筋腐食やコンクリート弾性係数、ひび割れの有無等、様々な劣化を診断可能な加振レーダ法の開発、応用。地中建機のバケットや、掘削用ドリル等とアンテナを一体化し、前方を探査しながら掘削するレーダシステム等の開発や超音波による超解像イメージングに関する研究等、実用化を目指した応用研究を主体に行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

コンクリート内の鉄筋腐食,ひび割れ,弾性係数の非破壊評価,掘削時前方探査レーダ,近距離レーダシステム,地下電磁計測,超音波計測

主要な所属学会

電子情報通信学会,IEEE,計測制御学会,土木学会,コンクリート工学会、日本非破壊検査協会,物理探査学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • 三輪空司,本多秀聡,小澤満津雄,栗田伸幸,鉄筋腐食評価のための加振RCレーダ法による鉄筋振動変位計測,コンクリート工学年次論文集, 39, 1777-1782, (2017).
  • 津野 祐丞,三輪 空司,円筒スロットアンテナによるコアドリル前方鉄筋探査,コンクリート構造物の補修, 補強, アップグレード論文報告集, 17, 527-532, (2017).
  • 特願2017-034707, 発明の名称:加振レーダ装置及びデータ解析装置,発明人: 三輪空司,出願人: 国立大学法人群馬大学.