電子情報部門,情報科学コース,中野 眞一,中野 真一

中野 眞一

教授

NAKANO shinichi

電子情報部門 情報科学コース

研究KEYWORD

アルゴリズム,高速化,最適化,列挙,計算幾何,情報の可視化,大規模データの俯瞰

研究分野 (科研費細目)

情報学基礎理論

主要な研究内容

アルゴリズムとは問題を解く手順です。計算機プログラムの、おおまかな設計図です。アルゴリズムには多数の候補があります。もし、良いアルゴリズムを選択すれば、問題が早く解けたり、機能の拡張が容易であったりします。一方、良くないアルゴリズムを選択すると、問題を解くのに時間がかかったり、メモリ不足でストップしたりします。よいアルゴリズムを選ぶと、計算にかかる時間が1万分の1になることもあります。
そこで、私たちの研究室では、様々な問題を、高速に、簡単に解く、アルゴリズムの設計技術を開発しています。世界最速のアルゴリズムを多数開発しています。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

ソフトウェアの高速化、省メモリ化、離散最適化、等

主要な所属学会

電子情報通信学会,情報処理学会,ACM,日本応用数理学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • A Polynomial-Time Approximation Scheme for the Geometric Unique Coverage Problem on Unit Squares(幾何的なカバー問題を解く多項式近似スキーム), Computational Geometry: Theory and Applications, Vol 51, pp.25-39 (2016).