知能機械創製部門,ゴンザレス・ファン,GONZALEZ PALENCIA Juan Carlos

ゴンザレス・ファン

助教

GONZALEZ PALENCIA Juan Carlos

知能機械創製部門

研究KEYWORD

自動運転自動車,次世代自動車,水素サプライチェーン,エネルギー経済モデル,低炭素社会,ガソリン蒸発ガス

研究分野 (科研費細目)

エネルギー学

主要な研究内容

  • 自動車の電動化及び自動化における技術経済評価
  • 水素サプライチェーンに関する研究
  • エネルギー経済モデルの開発
  • 低炭素エネルギーシステムの設計
  • 自動車用ガソリンタンクでのガソリン蒸発ガスに関する研究

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

エネルギー・経済・環境面 (3E) での新技術のアセスメント,ライフサイクルアセスメント,エネルギー管理,ガソリン蒸発ガス

主要な所属学会

International Association for Energy Economics, 日本機械学会, エネルギー資源学会,日本エネルギー学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • “Scenario analysis of lightweight and electric-drive vehicle market penetration in the long-term and impact on the light-duty vehicle fleet (新車販売台数における長期的軽量電気自動車の普及シナリオ評価および乗用車に与える影響)”, 2017, Applied Energy, 204, pp. 1444-1462.
  • “Energy, Environmental and Economic Impact of Mini-Sized and Zero-Emission Vehicle Diffusion on a Light-Duty Vehicle Fleet (エネルギー,環境,経済観点から乗用車保有台数における軽自動車及び電気自動車の普及が及ぼす影響)”, 2016, Applied Energy, 181, pp. 96-109.
  • “Impact of powertrain electrification, vehicle size reduction and lightweight materials substitution on energy use, CO2 emissions and cost of a passenger light-duty vehicle fleet (電気自動車、軽自動車と軽量材料シフトが乗用車保有台数のエネルギー消費量、CO2排出量及びコストに及ぼす影響)”, 2015, Energy, 93 (2), pp. 1489-1504.