知能機械創製部門,Md Abdus Samad Kamal,Kamal,モハマドアブドスサマドカマル,モハマド,アブドスサマド,カマル

Md Abdus Samad Kamal

准教授

KAMAL Md Abdus Samad

知能機械創製部門

研究KEYWORD

モデル予測制御,高度交通システム,自動運転,IoT

研究分野 (科研費細目)

主要な研究内容

高度交通システムにおきる自動車間通信(V2V)などの高度通信技術や自動運転技術、プラトーニング、交通システムの協調制御 な ど制御技術の研究開発を行っている。 また、車両の省燃費運転システム、モデル予測制御応用、機械学習、サイバー物理システムなどの応用も精力的に行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

高度交通システム、モデル予測制御

主要な所属学会

計測自動制御学会,IEEE, IET

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Road-Speed Profile for Enhanced Perception of Traffic Conditions in a Partially Connected Vehicle Environment. IEEE Transactions on Vehicular Technology, 67(8), pp.6824-6837, 2018. (車車間通信のデーターを使用してより良い交通状態を推定することにより自動車両の効率運転方法の開発)
  • A vehicle-intersection coordination scheme for smooth flows of traffic without using traffic lights. IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems, 16(3), pp.1136-1147, 2015. (信号なし交差点で自動運転車両の効率よい制御方法の開発)
  • Smart driving of a vehicle using model predictive control for improving traffic flow. IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems, 15(2), pp.878-888,2014. (スマートな運転手法で交通渋滞の緩和と効率化の実現方法)