知能機械創製部門,村上 岩範

村上 岩範

准教授

MURAKAMI iwanori

知能機械創製部門

研究KEYWORD

高温超電導応用,電磁力応用,ロボットの機構,アクチュエータ,制振,除振

研究分野 (科研費細目)

機械力学・制御

主要な研究内容

現在の主な研究テーマは,高温超電導体を応用した電力貯蔵フライホイールに関する特殊なモータの構造の開発,駆動方法,制御,制振、解析等に関する研究を実施している。
また永久磁石の磁束の強化法やこれを用いた高推力のアクチュータ開発を実施している。さらに人の脚型のロボットに関する研究開発を行っている。中でも磁気反発応用アクチュエータ等の研究に従事している。この他に、新しい進行波推進用のアクチュエータの開発及びこれを用いた進行波推進機構の開発に従事している。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

共同研究実績として「次世代電磁力応用機器開発技術の構築」、「振動制御技術に関する研究」等を実施している。またばねの電磁力による高機能化やアクチュエータ化およびこれを用いた振動の制御、電力貯蔵技術に関連する相談には対応可能。

主要な所属学会

日本機械学会,日本ロボット学会,日本AEM学会,日本ばね学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Development of Variable Rate Spring by Permanent Magnet with Flux Concentration Method(磁束集束方法を用いた永久磁石による可変ばね定数ばねの開発), Journal of Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics, Vol.23, No.3, pp540-544 (2015).
  • Development of actuator with permanent magnets arranged Halbach array(ハルバッハ配列を用いた永久磁石型アクチュエータの開発), Materials Science Forum, Vol. 856, pp 221-226 (2016)
  • Development of magnetic levitation synchronous motor with high-Tc superconducting bearing
    (高温超電導軸受を用いた浮上型同期モータの開発), International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, vol.39, pp.97-103.(2012)