知能機械創製部門,潮見 幸江

潮見 幸江

助教

SHIOMI sachie

知能機械創製部門

研究KEYWORD

重力勾配測定,地下探査,地下水,レーザー干渉計,自由落下,火山,地すべり

研究分野 (科研費細目)

固体地球惑星物理学

主要な研究内容

近年の大型地震や噴火により、日本列島の広域において地下構造に変動が生じている可能性がある。また豪雨による土砂災害、都市部における地盤沈降や道路陥没による被害も多く報告されている。このような状況の中、災害予測精度を向上するには局域的な地下構造の変動を観測によって正確に把握することが重要である。現在地下構造を検知するため様々な手法が利用されているが、人的活動や地面振動によるノイズにより精度の良い常時観測が困難となっている。本研究では、地面振動の影響を大幅に削減し、これまでになく高い分解能で局域的な地下の物質分布の時間変動を捉えるための可搬型重力勾配計の開発を行っている。また可搬性を活かした移動観測に向けた開発も行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

  • 重力勾配連続観測
  • 桜島火山における重力勾配測定(京都大学防災研究所 平成24年度一般共同研究)

主要な所属学会

日本測地学会,応用物理学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Reducing acceleration disturbance in a free-fall interferometer by adjusting the location of the center of mass of its optical table(光学定盤の重心位置調整による自由落下干渉計の加速度ノイズの削減), Proceedings of International Conference on Mechanical, Electrical and Medical Intelligent System 2018 (2018).
  • Performance tests of a weighbridge method to locate the centre of mass of a test mass for free-fall interferometry(自由落下型干渉計用落下体重心測定のための橋衡法の性能評価), Proceedings of International Conference on Mechanical, Electrical and Medical Intelligent System 2018 (2018).
  • Performance evaluation of a toss-up mechanism for free-fall interferometers(自由落下干渉計のための投げ上げ機構の性能評価), Proceedings of International Conference on Mechanical, Electrical and Medical Intelligent System 2017, Invited paper (2017).