知能機械創製部門,山口 誉夫

山口 誉夫

教授

YAMAGUCHI takao

知能機械創製部門

研究KEYWORD

波動吸収,減衰,制振防振,吸音遮音,生体反応,人体の衝撃特性,非線形応答,カオス応答,粘弾性材,多孔質材,波動の数値解析

研究分野 (科研費細目)

機械力学・制御

主要な研究内容

地震などで想定外の大きな力が入った場合や傷ついた構造の場合に,波形が複雑になり予測困難な非線形現象,カオス現象が発生しうる.減衰で想定外のゆれを安定化させる研究をしている.見えないゆれをセンサでとらえ,波動吸収を独自の計算力学手法で改善し,安全安心なシステムの実現を目指す.弾性体,粘弾性体,多孔体,気体,液体の混合体の有限要素による動特性,散逸特性の独自の計算法を提案し,計算コードを開発している.さらに視覚の有無,身構え,パニック,筋肉の緊張や弛緩など生体反応を含んだ人体とロボットなど運動する機械との接触,衝撃,衝突挙動をもモデル化し数値計算する.

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

  • 波動吸収,制振,防振,吸音,遮音,衝撃応答
  • 弾性材,粘弾性材,多孔質材,気体,液体が混在する構造の波動問題の線形・非線形減衰応答の解析(数値解析,実験解析),減衰寄与度解析,減衰最適化
  • 生体反応を伴う人体と運動する構造(アーム,ロボットなど)との衝突問題の数値解析,実験解析

主要な所属学会

日本機械学会,計算工学会,自動車技術会,日本音響学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Damping response analysis for a structure connected with a nonlinear complex spring and application for a finger protected by absorbers under impact forces(非線形複素復元力要素を接続した構造物の減衰応答解析と緩衝材で保護された指の衝撃解析への応用),Mechanical Systems and Signal Processing,Vol.42,88-96,(2014).
  • Nonlinear transient response analysis for double walls with a porous material supported by nonlinear springs using FEM and MSKE method (非線形弾性支持された多孔質吸音二重壁構造の過渡振動応答のFEMとMSKE法による解析),Mechanical Systems and Signal Processing,Vol.42,115-128,(2014).