知能機械創製部門,座間 淑夫

座間 淑夫

准教授

ZAMA yoshio

知能機械創製部門

研究KEYWORD

熱工学,流体工学,噴霧,レーザー計測,可視化計測

研究分野 (科研費細目)

熱工学,流体工学

主要な研究内容

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比較して熱効率が高く,その結果,CO2排出量も少ないといった長所がある.ディーゼルエンジンでは,燃料となる軽油をインジェクタによって燃焼室内へ直接,噴霧し供給している.この燃料噴霧の挙動が燃焼室内の空気と燃料の混合気形成過程に強く影響するため,高速度カメラによるディーゼル噴霧の挙動を捉えた画像から速度場を得る手法(粒子画像流速測定法:PIV: Particle image velocimetry)を用いてディーゼル噴霧の流動に関する研究を行なっている.

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

  • 噴霧技術,レーザ計測,可視化計測(PIV, SPIV, PTV)
  • SIP 革新的燃焼技術 「ガソリンエンジンにおける燃料噴霧流動モデル化」

主要な所属学会

日本機械学会,可視化情報学,日本液体微粒化学会,日本燃焼学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Experimental Investigation on Velocity Inside a Diesel Spray after Impingement on a Wall(壁面衝突後のディーゼル噴霧内部の速度に関する実験的調査) , Fuel, 203,1, pp.757-763 (2017)
  • Experimental Study on Velocity Distribution of Postimpingement Diesel Spray on a Wall. PART 2: Effect of Ambient Gas Density and Injection Pressure on Flow Pattern(壁面衝突後のディーゼル噴霧流動に関する研究:噴霧流動に及ぼす雰囲気密度と燃圧の影響), Atomization and Sprays, 26, 9, pp.921-938 (2016).
  • 異なる噴孔径ノズルから噴射されるディーゼル噴霧の到達距離に関する検討, 微粒化, 25, 84, pp.2-8 (2016).