理工学基盤部門,尾崎 広明

尾崎 広明

教授

OZAKI hiroaki

理工学基盤部門

研究KEYWORD

修飾核酸,DNA,蛍光標識化,蛍光プローブ,核酸化学合成

研究分野

生体分子化学

主な研究テーマ

  • 蛍光性 DNA の開発と遺伝子検査への応用
  • 新規核酸結合分子の創生
  • 遺伝子発現制御を行う機能性分子の開発

研究概要

機能性核酸として,蛍光標識化したDNAの化学合成とそれを用いたバイオセンサーの開発を行っている。蛍光標識化DNAプローブは,DNA本来の相補鎖認識能を利用した特定遺伝子の検出に応用できる。また,特定の核酸に結合し,機能する分子の開発を行っている。

提供できる技術・応用分野

修飾核酸の物性評価,核酸の蛍光標識化, 修飾核酸の化学合成

主要な所属学会

日本化学会,米国化学会,日本ケミカルバイオロジー学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Synthesis of RNA bearing C5-polyamine modified pyrimidine nucleosides at the 3´-end by T4 RNA Ligase, Letters in Organic Chemistry , 16 (2), 122-127, (2019).
  • Synthesis and properties of microenvironment-sensitive oligonucleotides containing a small fluorophore, 3-aminobenzonitrile or 3-aminobenzoic acid,Tetrahedron, 73 (51), 7177-7184, (2017).
  • Cleavage of supercoiled plasmid DNA by phenanthroline-polyamine conjugates as a metal-free artificial nuclease, Chemistry Letters, 42 (1), 86-88 (2013).