理工学基盤部門,高橋 浩

高橋 浩

教授

TAKAHASHI hiroshi

理工学基盤部門

研究KEYWORD

脂質,モデル生体膜,生体液晶,生体コロイド,ステロール,X線回折,熱測定

研究分野

生物物理学,物性物理学

主な研究テーマ

  • 生体膜におけるステロール役割の解明を目指した研究
  • 膜タンパク質・脂質相互作用のモデル系での研究
  • 生体由来の有機分子(ポリフェノールなど)とモデル生体膜の相互作用の研究

主要な研究内容

「生命とは何か」という問いに対して物理法則からの答えを探すことと,「生命の巧みさ」を工業技術に生かすこと!を大きな目標に研究している。現在は,おもに生体膜を構成している脂質分子を対象に,脂質分子の物性と生体機能の相関を中心に調べている。X線回折に構造学的計測手段と,熱測定を中心とした物性測定を主に用いて,実験的に研究を進めている。近年は,薬剤と生体膜の相互作用にコレステロールなどのステロールがどう関与するか関心を持っている。また,共同研究として,フッ素化されたリン脂質に膜タンパク質を再構成した系で,タンパク質・脂質相互作用の研究も進めている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

脂質分子は,天然の界面活性であり,乳化技術に応用できる可能性があります。ドラックデリバリーに応用されている脂質キュービック相の研究や,皮膚のバリアを担う脂質セラミドも研究を行っています。

主要な所属学会

日本生物物理学会,日本物理学会,日本膜学会,日本放射光学会,日本中性子科学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Release of Ceramide Molecules from Ceramide-Containing UV-curable Acrylic Adhesive Gel Sheet Affixed to Human Skin .  J. Oleo Sci. 69: 1307 – 1315 (2020).
  • Stability of the two-dimensional lattice of bacteriorhodopsin reconstituted in partially fluorinated phosphatidylcholine bilayers .  Biochim. Biophys. Acta 1861: 631-642 (2019).
  • Effect of cholesterol on the interaction of cytochrome P450 substrate drug chlorzoxazone with the phosphatidylcholine bilayer. Biochemistry 55: 3888-3898 (2016)