分子科学部門,藤沢 潤一

藤沢 潤一

准教授

FUJISAWA junichi

分子科学部門

研究KEYWORD

物質科学,光機能,界面,太陽電池,化学センサー,ナノ材料,有機-無機複合物質

研究分野

無機・錯体化学,無機材料化学,機能物性化学,エネルギー関連化学,応用物理工学

主な研究テーマ

  • 光エネルギー変換材料の研究開発
  • 化学センシング材料の研究開発
  • 表面光科学の研究

研究概要

無機材料表面で起こる化学反応や電子移動反応は,触媒・光触媒・太陽電池・化学センシングをはじめとする幅広い応用分野で非常に重要な役割をしています。しかしながら,これらの機能を担っている界面錯体と呼ばれる複合物質については,まだほとんど研究がなされていないのが現状です。本研究では,新規な界面錯体を創出し,その界面構造・物性・機能を実験と理論計算により解明することで,太陽光エネルギー変換や化学センシングのための新規科学技術の創成を目指して研究を行っています。本研究の重要な成果として,有機分子が無機ナノ材料と化学結合することで,界面電荷移動遷移という新規な光吸収が発現することを様々な有機-無機複合材料において発見しました。界面電荷移動遷移は,無色な有機・無機材料を用いても可視光を幅広い波長領域で吸収することが可能であるだけでなく,光吸収と同時に超高速な界面電子移動が起こるという特徴を有します。これらの特徴から,界面電荷移動遷移は,太陽光エネルギー変換(太陽電池,光触媒等)や化学センシング(表面増強ラマン散乱,キラルセンシング等)のための新たな科学技術として最近注目されています。

提供できる技術・応用分野

  • 太陽電池や光センサーの設計および評価
  • セラミクス材料の表面処理と物性評価

主要な所属学会

日本化学会,光化学協会,応用物理学会,日本セラミックス協会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Visible-Light Circular Dichroism of Colourless Chiral Organic Compounds Enabled by Interfacial Charge-Transfer Transitions. Chem. Commun. 2018, 54, 8490
  • Photoinduced H-Aggregation of Cationic Dyes on Metal-Oxide Surfaces via Light Activated Molecular Migration. Chem. Commun. 2019, 55, 14641.
  • Interfacial Charge-Transfer Transitions in ZnO Induced Exclusively by Adsorption of Aromatic Thiols. Chem. Commun. 2020, 56, 4090