分子科学部門,堀内 宏明

堀内 宏明

准教授

HORIUCHI hiroaki

分子科学部門

研究KEYWORD

光化学,光機能性物質,一重項酸素,光増感剤,光線力学療法,ポルフィリン,がん治療

研究分野

物理化学,機能物性化学,生体分子化学

主な研究テーマ

  • 光化学的な基礎研究および応用を志向した光機能物質の開発
  • ガンの光線力学療法に用いる光増感剤の開発

主要な研究内容

光化学的な基礎研究および応用を志向した光機能物質の開発
主に有機化合物の光化学反応“で”現象を制御することや光化学反応“を”制御することを研究している。主な応用先はがんの光線力学療法に用いる一重項酸素の光増感剤である。光線力学療法では,光増感剤の光励起によって発生する一重項酸素によりガン細胞を死滅させる。我々は光化学的なアプローチによって光増感剤を改良し,治療効果の向上や,副作用の低減を行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

  • 光化学に関係する技術,一重項酸素の高感度測定技術
  • 光線力学療法に用いる光増感剤の開発
  • ポルフィリン類の光化学

主要な所属学会

日本化学会,光化学協会,日本光線力学学会,日本光医学・光生物学会,ケイ素化学協会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Triply pH-activatable porphyrin as a candidate photosensitizer for near-infrared photodynamic therapy and diagnosis, J. Photochem. Photobiol. A, 2020, 403, 112846-112855.
  • Improvement of the ON/OFF Switching Performance of a pH-Activatable Porphyrin Derivative by the Introduction of Phosphorus(V), ChemPhotoChem, 2019, 3, 138-144.
  • Importance of the Orthogonal Structure Between Porphyrin and Aniline Moieties on the pH-Activatable Porphyrin Derivative for Photodynamic Therapy, J. Photochem. Photobiol. A, 2018, 365, 60-66.