分子科学部門,撹上 将規

撹上 将規

助教

KAKIAGE masaki

分子科学部門

研究KEYWORD

高分子構造・物性,繊維,フィルム,セラミックス,紡糸,延伸,インプロセス計測

研究分野

高分子,無機材料化学

主な研究テーマ

  • グリーンプロセッシングによる高強度・機能性繊維の開発
  • インプロセス計測による高分子材料の高強度化・高機能化の研究
  • 高分子を利用したセラミックスの機能合成の研究

研究概要

高分子が作り出すナノ構造およびミクロ形態を成形アプローチにより制御,有機的に組み合わせることで,新たな特性をもつ高分子/繊維材料およびセラミックスの研究を行っている。高分子材料の成形(延伸・繊維化・熱処理)過程における構造形成挙動を解明することで,繊維・フィルム材料の高性能化・高機能化に取り組んでいる。得られた知見を基に,環境低負荷型成形法(グリーンプロセッシング)による高強度・機能性繊維材料の開発を目指している。また,高分子がもつ構造連続性,構造形成能,および成形性を利用した有機‐無機変換プロセスによるセラミックスの機能合成に取り組んでいる。このような観点から設計されたプロセスは,セラミックスにおける新たな機能創製アプローチとして期待される。

提供できる技術・応用分野

高分子成形,繊維,高分子構造解析,インプロセス計測,セラミックス合成

主要な所属学会

繊維学会,高分子学会,プラスチック成形加工学会,日本セラミックス協会,日本化学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • High-Strength and High-Toughness Melt-Spun Polyethylene Fibers Derived from Composite Structure Formation, Macromol. Mater. Eng., 305(11), 2000252 (2020).
  • Preparation of ultrahigh-molecular-weight polyethylene fibers by combination of melt-spinning and melt-drawing, Mater. Today Commun., 23, 100864 (2020).
  • Fabrication of boron carbide fibers consisting of connected particles by carbothermal reduction via electrospinning, Mater. Lett., 254, 158-161 (2019).