分子科学部門,中村 洋介

中村 洋介

教授

NAKAMURA yosuke

分子科学部門

研究KEYWORD

構造有機化学,機能物質化学,π共役系,光物性,超分子化学

研究分野

有機化学

主な研究テーマ

  • カルバゾールやフェノチアジン等を基盤とする光機能性物質の創製
  • 縮合多環構造を基盤とする特異なπ共役系の開発
  • 種々の芳香環からなるホスト分子の合成と分子認識挙動の解明

研究概要

カルバゾール,チオフェン,フェノチアジン等の複素芳香環や縮合多環芳香族を基盤とし,特異な構造を有する新たな有機π共役系化合物を合成し,その物性(電子的性質,光物理的性質,電気化学的性質,分子認識挙動等)を評価し,構造と物性の相関について研究している。同時に,新たな性質・機能を発現する有機化合物の分子設計と開発に取り組んでいる。このような研究の蓄積により,将来的に新たな光機能性材料や電子材料等の創製に展開させる。

提供できる技術・応用分野

機能性有機化合物の分子設計・合成,有機化合物の構造決定・物性評価

主要な所属学会

日本化学会,アメリカ化学会,有機合成化学協会,基礎有機化学会,有機π電子系学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • A Series of Carbazole‒Pyrimidine Conjugates: Syntheses and Electronic, Photophysical, and Electrochemical Properties, J. Org. Chem., 80, 9076-9090 (2015).
  • 2,4,5,7,9,10-Hexaethynylpyrenes: Synthesis, Properties, and Self-assembly, Org. Lett., 20, 7530-7534 (2018).
  • Arylene–hexaynylene and –octaynylene macrocycles: Extending the polyyne chains drives self-association by enhanced dispersion force, Chem. Commun., 57, 576-579 (2021).