分子科学部門,園山 正史

園山 正史

教授

SONOYAMA masashi

分子科学部門

研究KEYWORD

部分フッ素化リン脂質,脂質,微生物ロドプシン,脂肪酸結合タンパク質,ABCトランスポーター,脂質−タンパク質相互作用,レーザーフラッシュホトリシス

研究分野

生体分子化学,生物物理学,物理化学,構造生物化学

主な研究テーマ

  • 新規部分フッ素化リン脂質の開発と膜タンパク質への応用
  • 膜タンパク質(ロドプシン類およびABCトランスポーター類)の構造形成・機能発現機構の解明
  • 脂肪酸結合タンパク質のリガンド結合親和性解析

研究概要

主として,物理化学的な計測法を用いて,タンパク質と脂質の相互作用に基づく生命現象を分子レベルで解明することを目指した研究を行っている。
研究室オリジナルの研究としては,膜タンパク質の構造・機能解析に資する新規「部分フッ素化リン脂質」を開発し,その物理化学的性質や構造を詳細に調べるとともに,膜タンパク質研究における有用性を探るためにモデル膜タンパク質を用いた再構成実験を展開している。
また,近年地球上に遍在することがわかってきた微生物ロドプシンの構造形成・機能発現機構に関する生物物理学的研究も,膜タンパク質の機能場となる脂質膜と相互作用との観点から進めている。
さらに,種々の疾病に関わることが知られている脂肪酸のトランスポーターである脂肪酸結合タンパク質群のリガンド結合特性を網羅的に解析し,脂質代謝研究の基盤となるリガンド認識機構の解明を目指した研究も行っている。

提供できる技術・応用分野

膜タンパク質・リン脂質の物理化学,レーザーフラッシュホトリシス,円二色性測定

主要な所属学会

日本化学会,日本生物物理学会,蛋白質科学会,日本生化学会,分子科学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Membrane properties of amacrocyclic tetraether bisphosphatidylcholine lipid: Effect of a single membrane-spanning polymethylene cross-linkage between two head groups of ditetradecylphosphatidylcholine membrane, Biochim. Biophys. Acta 1863, 183569 (2021).
  • Stability of the two-dimensional lattice of bacteriorhodopsin reconstituted in partially fluorinated phosphatidylcholine bilayers, Biochim. Biophys. Acta 1861, 631-642 (2019).
  • 部分フッ素化リン脂質二分子膜 ~物性・構造と膜タンパク質研究への展開~, 生物物理 59, 311-314 (2019).