分子科学部門,武野 宏之

武野 宏之

准教授

TAKENO hiroyuki

分子科学部門

研究KEYWORD

ゲル,高分子物性,小角散乱,分子集合体構造,力学物性,ソフトマテリアル

研究分野

高分子,有機材料

主な研究テーマ

  • 高分子-無機コンポジットゲルの力学物性と構造の研究
  • ナノファイバーゲルのタフネス機構とアクチュエーター研究
  • コンニャクグルコマンナンゲルの力学物性における冷凍効果の研究

研究概要

高分子ゲル,低分子集合体からなるゲル,無機微粒子/高分子のハイブリッドゲル,バイオベースナノファイバー/高分子コンポジットゲルなどのソフトマテリアルを主に対象とし,それらの構造と物性(特に力学物性)の相関について研究を行っている。主に放射光小角X線散乱・放射光広角X線散乱・小角中性子散乱・光散乱,水晶振動子マイクロバランス法,赤外分光法を用いて得られる構造に関する知見に基づき,力学特性に優れたコンポジットゲル材料の開発および,その優れた力学物性のメカニズム解明などの研究に取り組んでいる。さらに,イオン液体を溶媒に用いた高強度イオンゲルを作製し,そのゲルを用いたゲルアクチュエーターの開発にも取り組んでいる。また,近年,食品ゲルの力学物性の制御についても研究を行っている。

提供できる技術・応用分野

凝集構造解析,小角X線・中性子散乱,光散乱,低分子オルガノゲル,コンポジットゲル

主要な所属学会

高分子学会,日本中性子科学会,日本ゴム協会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • ハイドロゲル形成性組成物及びそれより作られるハイドロゲル(特許第6276927号)
  • Effects of Molecular Mass of Polymer on Mechanical Properties of clay / Poly(ethylene oxide) Blend Hydrogels, and Comparison between Them and Clay/Sodium Polyacrylate Blend Hydrogels, Colloid and Polymer Science, 297, pp 641-649 (2019)
  • “Mechanical and Structural Properties of Cellulose Nanofiber/Poly (vinyl alcohol) Hydrogels Cross-linked by a Freezing/Thawing Method and Borax”, Cellulose, 27, pp 4373–4387(2020)