分子科学部門,上原 宏樹

上原 宏樹

教授

UEHARA hiroki

分子科学部門

研究KEYWORD

汎用性高分子,プラスチック,一軸延伸,二軸延伸,高性能化,高機能化

研究分野

高分子,有機材料

主な研究テーマ

  • 超高分子量樹脂の溶融延伸技術の開発
  • 汎用性プラスチック・エラストマーの高性能化・高機能化に関する研究
  • 高分子材料の摩擦・摩耗に関する研究

研究概要

分子の向きを揃えると,同じ材料でも強度が格段に向上します。コンビニ袋の原料である「ポリエチレン」も,極限まで引き伸ばすと,防弾チョッキや釣り糸に使われている「高強度繊維」になります。このように分子が絡まった状態から引き伸ばすことを「延伸」と言い,当研究室は,この延伸技術に関する独自の知見・テクニックを有しているため,高分子分野のみならず,無機材料・電機・医療機器・自動車分野の企業や海外の大学・研究所とも共同研究を行っています。具体的には,汎用性の高分子材料(ポリエチレン,ポリプロピレン,フッ素樹脂,ポリエステル,ナイロン,ポリ乳酸,ゴム,シリコーンなど)を対象に,各種の成形加工法(一軸延伸,二軸延伸,ロール圧延,押し出し,紡糸)によって高性能化する研究や各種の化学処理法(表面処理,酸処理,分子修飾)によって高機能化する研究を行っています。

提供できる技術・応用分野

高分子成形加工,高分子固体物性・構造

主要な所属学会

高分子学会,繊維学会,日本ゴム協会,日本熱測定学会,プラスチック成形加工学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • 「超延伸による高性能化」, 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法(大江航編), ㈱R&D支援センター、pp. 61~71 (2020)
  • In-Situ Analysis for Melt-Drawing Behavior of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene / Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films, Polymer, Vol.213, p.123213 (2021). doi.org/10.1016/j.polymer.2020.123213
  • 特許第6146781号「ポリエチレン製多孔質膜の製造方法およびポリエチレン製多孔質膜」