分子科学部門,山路 稔

山路 稔

准教授

YAMAJI minoru

分子科学部門

研究KEYWORD

有機超伝導体,光ラジカル重合,有機半導体,有機EL材料,化粧品,生体発光プローブ,食品生産管理

研究分野

機能物性科学,有機化学,生産環境農学

主な研究テーマ

  • 高効率青色及び近赤外有機電界発光体(OLED)の開発
  • 有機超伝導・半導体の開発
  • 理工学手法による効率の良い食品生産管理システムの構築

主要な研究内容

分子が光のエネルギーを吸収すると,通常の分子とは異なる化学的性質を持つ励起状態を形成します。励起状態では発光したり,通常では考えられない化学反応を起こします。この特長を利用して,発光効率の大きな分子を設計したり,熱化学反応ではできない反応により,新しい物質を創製する応用技術を開発し,工業・産業に応用可能な新物質を創造しています。生物も分子の集合体なので,光の恩恵で育っていきます。制御した光が食用生物の育成効率を向上させ,ひいては我々の健康増進につながる研究を行っています。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

光や放射線を用いた化学技術,光重合開始剤・有機発光材料・紫外線遮蔽剤・有機半導体・超伝導物質の創製,農業製品生産効率向上システムの構築

主要な所属学会

日本化学会,光化学協会,ケイ素化学協会,日本放射線化学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Synthesis and photophysical properties of blue-color emitting compounds having multi N-methylanthranillic (mant) chromophore, J. Photochem. Photobiol. A: Chem., 400 (2020) 112650.
  • Solid-state white-light emission from a pyrylium dye obtained in one synthetic step, J. Mater. Chem. C, 8 (2020) 14348-14352.
  • 化合物、化合物の製造方法、青色発光材料及び有機発光素子, 特願2019-179505.