分子科学部門,山本 浩司

山本 浩司

助教

YAMAMOTO koji

分子科学部門

研究KEYWORD

構造有機化学,機能物質化学,縮環π共役系化合物,超分子

研究分野

有機化学

主な研究テーマ

  • ヘテロ原子または遷移金属原子を導入したπ共役系化合物の合成と物性に関する研究

主要な研究内容

カルバゾールやピリジン等の複素芳香環を基盤とし,ヘテロ原子または遷移金属原子を導入した縮環π共役系化合物を合成し,構造解析や物性評価などの基礎研究を行っている。同時に,特異な構造を有する有機化合物の分子設計と合成を行っている。これらの知見に基づき,新規材料の創製に展開させる。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

  • 有機合成化学(特に芳香族化合物)
  • 各種測定を用いた有機化合物の構造決定および物性評価
  • 超分子会合体の解析技術

主要な所属学会

日本化学会,有機合成化学協会,高分子学会,日本ゴム協会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Coordinative Cross-Linking of Acrylonitrile–Butadiene Rubber with a Macrocyclic Dinuclear Palladium Complex, Polym. J. in press.
  • Macrocyclic Dinuclear Palladium Complex as a Novel Doubly Threaded [3]Rotaxane Scaffold and Its Application as a Rotaxane Cross-Linker, Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 18023–18028.
  • Macrocyclic Metal Complexes Bearing Rigid Polyaromatic Ligands: Synthesis and Catalytic Activity, Chem. Asian J. 2020, 15, 356–359.