小山 拓

助教

KOYAMA kaku

環境創生部門

研究KEYWORD

鉄筋コンクリート、耐火性、爆裂、中性子、付着性能、熱分析

研究分野

建築学、土木工学

主な研究テーマ

  • コンクリートの耐火性評価
  • 炭酸化養生を用いた火害を受けたコンクリートの補修技術の開発
  • 中性子測定技術を用いた鉄筋コンクリートの付着性能の評価

研究概要

コンクリートは水和反応により硬化した材料であり、高温環境下にさらされると水和物の脱水に伴い機械性能が低下する。また近年開発された、密実で高強度化したコンクリートは高い耐久性や機械性能を有しているが、急激な高温加熱により劇的な表面剥離が生じる爆裂現象が発生する。これらコンクリートの火災による劣化、破壊のメカニズムを解明するため、水和物の脱水領域、鉄筋とコンクリートの付着応力を中性子測定技術を用いて測定している。また、火災により性能が劣化したコンクリートは吸水することで再び性能回復する再養生技術の開発を行っている。近年、建設業界では技術者不足が深刻な問題として取り上げられており、この再養生技術が開発できれば火災により被災した構造物を簡便に補修できるため、現場作業者、管理者の負担軽減につながると考えている。

提供できる技術・応用分野

CT、画像解析
TG-DTAを用いたセメント系材料中に含まれる炭酸塩の定量評価
TMAを用いたセメント系材料の線膨張係数の測定

主要な所属学会

日本建築学会、コンクリート工学会、仕上げ学会

代表的な論文 または 特許

  • 中性子回折法を用いた高温加熱後の鉄筋コンクリートにおける付着特性及び再養生による回復に関する研究, 日本建築学会構造系論文集, 第88巻, 第
  • 803号, p. 12-17, 2023
  • 中性子イメージングを用いた高強度コンクリート内部の脱水に関する研究, コンクリート工学年次論文集, 第41巻, 第1号, p.1013-1018, 2019
  • Deformation Analysis of Reinforced Concrete using Neutron Imaging Technique, Materials Research Forum LLC, Meca Sens 2017 Materials Research Proceedings, Vol.4, P.155-160, 2018