環境創生部門,環境エネルギーコース,松井 雅義

松井 雅義

助教

MATSUI masayoshi

環境創生部門 環境エネルギーコース

研究KEYWORD

微生物,静電気,食品

研究分野

プラズマ学

主な研究テーマ

  • コロナ放電によるニラ表面の殺菌技術の開発
  • 高電圧パルス印加によるタンパク質の構造変化の評価
  • 放電プラズマを用いた迅速な焙煎・火入れ技術の開発

主要な研究内容

高電圧パルス印加や大気圧低温プラズマによる食品の殺菌技術の開発を主なテーマとして取り組んでいる。葉物野菜などの生鮮食品を対象として,味,香りを保持したまま短時間で効率良く殺菌する技術を開発することで,鮮度の維持による賞味期限の長期化と高付加価値化を達成することを目的としている。高電圧パルス印加がタンパク質などの生体分子に及ぼす影響についても調べている。特に,食品の低アレルゲン化技術の確立に直結する可能性が高い立体構造の部分改変現象に着目している。さらに,高電圧・プラズマ技術の食品加工分野への応用を視野に入れ,放電プラズマによるコーヒー豆や茶葉の迅速な焙煎・火入れ技術の開発について取り組んでいる。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

微生物の殺菌,タンパク質構造の評価(各種電気泳動,CDスペクトル測定等),酵素活性の評価,食品に存在する微生物の検出(一般細菌検査),食品のテクスチャー評価

主要な所属学会

静電気学会,日本食品工学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Removal of volatile organic compounds in distillation steam by DBD decomposition treatment for water recycling in fermentation industry. Int. J. Plasma Environ. Sci. Technol., 14: e02003 (2020).
  • Inactivation of Bacillus subtilis spores on the surface of small spheres using low-pressure dielectric barrier discharge, Food Control, 109: 106890 (2020).
  • Engineering of pulsed electric field treatment using carbon materials as electrode and application to pasteurization of sake, J. Electrostat., 103424: 94-99 (2020).