環境創生部門,社会基盤防災コース,渡邉 智秀,渡辺 智秀

渡邉 智秀

教授

WATANABE tomohide

環境創生部門 社会基盤防災コース

研究KEYWORD

水処理技術,水環境保全,廃棄物処理,上下水道,生物電気化学システム,資源回収・有効利用技術

研究分野

環環境保全対策,環境解析評価,土木工学,化学工学

主な研究テーマ

  • 生物電気化学プロセスを応用した水処理と水環境保全技術の開発
  • 水質制御技術の開発
  • 資源回収・有効利用技術の開発

研究概要

新奇な微生物や微生物群集としての機能および物理化学的作用の探索や応用による環境新技術の研究に取り組んでいる。具体的には,水処理技術の開発(資源・エネルギー回収型革新的水処理プロセス(微生物燃料電池 等),窒素・りん等栄養塩類除去技術,微量有害化学物質の浄化,特殊産業排水の処理技術 等)/水環境浄化技術(閉鎖性水域の底質改善 等)/固形廃棄物処理・有効利活用技術(湿潤有機性廃棄物の生物学的減量化,バイオマス利活用 等)/微生物機能を活用したバイオ燃料生産/活性汚泥モデル(ASMs)を適用した水処理施設の自動制御法 等

提供できる技術・応用分野

水処理技術全般,水環境浄化技術,固形廃棄物処理および有効利用技術,上水道,下水道,環境保全技術,生物電気化学システムの環境技術や計測技術への応用

主要な所属学会

日本水環境学会,IWA(国際水協会),化学工学会,土木学会,環境科学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Long-term performance of TN removal and power generation in a single chamber MFC using a separator with pre-enriched nitrifying biofilm, IWA World Conference on Anaerobic Digestion, (2019)
  • Bioethanol production via syngas fermantation of Clostridium Ljungdahlii in a hollow fiber membrane supported bioreactor, Intl. J. of Technol., 10(3), 46-55 (2019)
  • Operation of sediment microbial fuel cells in Tokyo Bay, an extremely eutrophicated coastal sea, Bioresource Technology Reports, Vol.6, 39-45 (2019)