電子情報部門,伊藤 直史

伊藤 直史

准教授

ITO tadashi

電子情報部門

研究KEYWORD

電気インピーダンストモグラフィ,符号化開口イメージング,パターン計測,画像計測,信号処理,形状計測

研究分野

電気電子工学,情報科学

主な研究テーマ

  • 電気インピーダンストモグラフィを用いた内部導電率分布の画像化システムの開発
  • 画像センサを用いた微小変位・回転・傾斜の同時計測システムの開発
  • 加速度センサを応用した運動計測,形状計測の研究

主要な研究内容

不可視情報の「見える化」を実現する様々な計測システムの開発を行っている。医療診断の分野では,体の内部の情報を体を傷つけることなく画像化する計測技術が必要とされている。このような計測では,直接には見えない画像を,間接的に得られる観測データから画像再構成アルゴリズムを用いて計算することにより,見える化を実現することが必要となる。同様な非破壊・非侵襲の計測技術は,医療診断の他,産業界における非破壊検査や環境問題における遠隔計測など様々な分野で必要とされ,目的や用途に応じたセンシングシステムの構築と,データ処理アルゴリズムの開発を行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

符号化開口イメージングによる放射線源分布の画像化,電気インピーダンストモグラフィによる内部導電率分布計測,画像検査技術,画像センサによる位置・姿勢計測技術,運動計測,形状計測

主要な所属学会

計測自動制御学会,電気学会,応用物理学会,電子情報通信学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • 電気インピーダンストモグラフィの原理と応用、計測と制御、Vol.56、No,11、pp.827-832 (2017)
  • 位置依存PSFをもつ撮像系からの劣化画像の復元、計測自動制御学会論文集、Vol.50、No.9、pp.662-668 (2014)
  • Successive Reconstruction Algorithm for Coded Aperture Imaging from Multi-angle Projections、Proc. of SICE Annual Conference 2013、pp.847-852 (2013)