神谷 富裕

教授

KAMIYA tomihiro

電子情報部門

研究KEYWORD

ビーム工学,イオンビーム分析,微細加工,半導体欠陥評価,半導体放射線検出器

研究分野

プラズマ学,原子核,原子力工学

主な研究テーマ

  • 放射線・イオンビーム計測に関する研究
  • 放射線・イオンビーム応用に関する研究

研究概要

放射線,イオンビームの計測および応用に関する研究を行っている。このうち計測に関する研究では,放射線医療,特に粒子線治療,重粒子線治療に求められる照射技術の高度化,およびそれに伴って求められる治療計画の高信頼性化に不可欠となる粒子線の線量評価の高感度化や空間分解能の高いビーム計測技術の開発に取り組む。そのためイオンビームの計測素子として半導体を用いた新たな線量評価系の構築を目指す。一方で治療時の患者体内内に入射する粒子線プロファイルの可視化,治療の信頼性のレベルを一段向上させるため,二次的に放出される制動輻射等の計測によりこれを実現するシステムの開発を進める。また,応用に関する研究では,イオンビームと物質との相互作用に注目するとこれが電子線やX線などに比べ分析プローブとして極めて高感度であり,試料に関する多様な情報を得ることができる。さらにマイクロビーム技術を応用し,環境・エネルギー問題の解決につながる大気中微粒子(PM2.5)及び,リチウムイオン電池材料に関する研究課題に取り組む。

提供できる技術・応用分野

イオンビーム形成,計測・制御技術及びその応用,特にマイクロビームによる半導体素子や生物細胞へシングルイオンヒット計測制御や,微細試料内部の微量元素分布のイメージング,また微細ビームによる材料微細加工等

主要な所属学会

日本物理学会, 応用物理学会,日本加速器学会,PIXE研究協会, 日本放射線化学会

代表的な論文 または 特許

  • In-air micro-particle-induced X-ray emission imaging and spectroscopy of air-borne particles collected hourly from an automated sampling unit of the atmospheric environmental regional observation system, NUCL INSTRUM METH B, 477, (2020) pp.133-137.
  • Imaging of Tc-99m-DMSA and F-18-FDG in humans using a Si/CdTe Compton camera, PHYS MED BIOL, 65, (2020) Article Number 05LT01.
  • Ex-situ analysis of lithium distribution in a sulfide-based all-solid-state Lithium battery by particleinduced X-ray and gamma-ray emission measurements, ELECTROCHEMISTRY, 88, (2020) pp.45-49.