電子情報部門,小林 春夫

小林 春夫

教授

KOBAYASHI haruo

電子情報部門

研究KEYWORD

アナログ,ミクスド・シグナル集積回路,AD/DA変換器,信号処理,電子計測,電源回路

研究分野

電気電子工学

主な研究テーマ

  • AD変換器・オペアンプの量産出荷時の高品質・低コスト試験技術の研究
  • 古典数学(基本的な整数論や和算等)を用いたAD/DA変換器の新アーキテクチャの研究
  • デルタシグマ型AD/DA変換器の高性能化の研究

主要な研究内容

アナログ集積回路設計,信号処理アルゴリズムの研究開発を行っている。具体的には,波形のサンプリング回路,ナイキスト型AD/DA変換回路,デルタシグマAD/DA変換回路,時間デジタル変換回路, アナログ回路テスト容易化技術,携帯機器用電源回路(チャージポンプ,スイッチングレギュレータ),CMOS オペアンプ回路,基本アナログCMOS回路,複素アナログフィルタ, デジタルRF回路,完全デジタルPLL回路,電子計測技術の研究開発を行っている。また,古典数学をAD/DA変換器設計へ応用する研究も行っている。

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

アナログ集積回路設計およびその試験技術,AD/DA変換器設計技術,電子計測技術,電源回路,信号処理技術

主要な所属学会

IEEE, 電子情報通信処理学会,電気学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • “Floating-Point Inverse Square Root Algorithm Based on Taylor-Series Expansion”, IEEE Transactions on Circuits and Systems II: Express Briefs (accepted).
  • 「IoT時代のアナログ/ミクストシグナル回路テスト技術」 電気学会論文誌(論文誌C), vol. 141 , no. 1, pp.1-12 (2021年1月).
  • “Digital-to-Analog Converter Layout Technique and Unit Cell Sorting Algorithm for Linearity Improvement Based on Magic Square”, Journal of Technology and Social Science, Vol.4, No.1, pp.22-35 (Jan. 2020).