知能機械創製部門,安藤 嘉則

安藤 嘉則

准教授

ANDO yoshinori

知能機械創製部門

研究KEYWORD

磁気歯車,ACV(ホバークラフト),機械の高性能化・高機能化,各種ロボット,機械の安全

研究分野

ロボティクス,電気電子工学,安全工学,航空宇宙工学

主な研究テーマ

  • 磁気歯車の開発と応用
  • ACVの制御
  • 水平維持機構を有する台車の開発

研究概要

ロバスト制御理論をベースに,各種の機械装置への制御理論の適用により機械装置の高性能化・高機能化を図るための研究を行っている。最近では,磁気歯車装置・4輪台車などの開発やACVや産業用ロボットにおける協働ロボットの開発などを行っている。また,ISO/JISのロボットの安全関連の各種標準化原案作成に参画等を通して,産業用ロボットの安全に関する取り組みをしている。

提供できる技術・応用分野

制御理論の各種実システムへの応用,機械における安全技術,産業用ロボットの応用

主要な所属学会

日本AEM学会,日本機械学会,計測自動制御学会,日本ロボット学会,日本ばね学会

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • Study on the magnetic harmonic gear with stackable structure – Improvement of its torque density -, International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, .(2019)
  • Torque Behavior of Cylindrical Magnetic Gear with Plane Rectangle Coil, International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, (2019)
  • Study on the Basic Characteristics of Magnetic Harmonic Gear with Stackable Structure Using Halbach Array, 日本AEM学会誌,27,(2019)