知能機械創製部門,松原 雅昭

松原 雅昭

教授

MATSUBARA masaaki

知能機械創製部門

研究KEYWORD

破壊力学,硬さ試験,超高温試験,傾斜機能材料,縄文土器

研究分野

材料力学

主な研究テーマ

  • ハーバート硬さ試験の応用に関する研究
  • 切欠付ステンレス鋼配管の塑性崩壊強度評価
  • 熱応力緩和型傾斜機能材料の超高温強度評価

主要な研究内容

  • ハーバート硬さ試験機はドリルエッジのような特殊形状に直接適応可能であることに加え,既存の硬さ試験とは異なり金属材料および非金属材料にも適応可能な有用な試験機である.しかしながら,測定結果および測定方法の検討が不十分なためこの試験機の実用性は不明である.本研究は,ハーバート硬さ試験機を工業的に利用できる試験機するために実施する.
  • 原子力発電所の配管の維持においては,発電用原子力設備規格維持規格が設けられており, 維持規格に則って配管の健全性評価が行われ,必要に応じて配管の補修交換が行われている.本研究では曲げおよび軸方向荷重の複合荷重が作用する配管に関して, 負荷履歴を考慮して健全性評価手法の向上を目的に研究を行っている.
  • 本研究室ではこの応力を緩和可能な耐熱傾斜材料の開発を行っている.傾斜機能材料は材料の組成を内部で傾斜的に変化させた材料である.金属100%から徐々にセラミックスの配合割合が多くなりセラミックス100%になるような傾斜機能材料であれば大きな熱膨張の発生を抑制できる.本研究室ではこのような構造を持つ傾斜機能材料を開発し,プラズマフリージェット用いることで超高温下における傾斜機能材料の強度を評価している.

共同研究に応用できる技術分野 または 共同研究実績

    ハーバート硬さ試験機

主要な所属学会

日本機械学会,日本材料学会,日本文化財科学会,日本法科学技術学会,Society for Experimental Mechanics

近年の論文 または 特許 (3件以内)

  • 鈴木良祐,R.Halama,井上洋介,中村昌義,鏑木哲志,藤本博之,丸橋 悠,萩原 司, 松原雅昭:ハーバート硬さ試験による刃先の硬さ評価,材料試験技術, Vol. 62, No. 4, pp.196-200 (2017) .
  • Masato Ogawa,Masaaki Matsubara and Ryosuke Suzuki,Leak-Before-Break and Plastic Collapse Strength Evaluation of Stainless Steel Piping with a Part-Through Notch by Using Double-Elastic-Deformation Method,Journal of Mechanical and Electrical Intelligent System,Vol.3,No.2,pp. 76- 86(2020).
  • 85. Masato Ogawa,Masaaki Matsubara and Ryosuke Suzuki,Leak-before-break and plastic collapse strength evaluation of stainless steel piping with a part-through notch,Mechanical Engineering Journal,Vol.7,No.3,pp. 1- 9(2020).